タイトル
バックオフィスの事務作業を
ロボットで効率化!
コスト削減・人為ミス防止ができる、
RPA(業務自動化)ツール

RPAとは「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語で、ホワイトカラーのデスクワーク(主に定型作業)を、ルールエンジンやAI(人工知能)などの技術を備えたソフトウェアのロボットが代行・自動化する概念、と定義されています。 業務を代行・自動化するソフトウェア型ロボット自体のことを、「デジタルレイバー・デジタルワーカー(仮想知的労働者)」などと擬人化して呼ぶこともあります。

リクルートタイトル
こんなお悩みは
お任せください
  • 人為的ミスが多発している
  • 入力作業に時間がかかり、
    オーバーワークになりがち
  • 働き方改革を取り入れたい
  • 常に人手不足で困っている
  • 特定の人にしかできない作業がある
  • 複数のシステムを利用する作業があり非効率
WinActorの
活用イメージ
WinActor 5つの特徴
  • 1 プログラミング等の専門知識は不要

    「WinActor」は、純国産のRPAツールのため、マニュアル等も全て日本語です。
    ロボットに処理手順を登録するだけで定型業務を自動化でき、プログラミング知識は必要ありません。

  • 2 ミスのない作業が実現

    「WinActor」は、ルールに従った定型業務やバックオフィス業務などの単純作業を得意としています。
    ロボットが決められた作業を自動処理するため、人為的ミスはもちろん、不正の防止にも繋がります。

  • 3 驚異的な処理スピード

    ロボットなら、昼夜問わず24時間365日休みなく安定した作業が可能です。
    人の10〜100倍のスピードで業務を代行するため、作業効率が飛躍的に向上し、人件費や運用コストを削減することができます。

  • 4 手軽に導入できる

    導入作業はパソコンにインストールするだけです。
    パソコン1台さえあれば業務効率化を実現することができます。また、経年劣化もありません。
    最初は小さく始め、段階的に業務範囲を拡大することで大きな効果が見込めます。

  • 5 導入後もずっとサポート

    「WinActor」の導入・運用は専門スタッフがお電話やメールで随時サポートさせて頂きます。
    日々安心して利用していただけるよう開発から運用まで一貫してサポートいたします。

WinActor 導入の流れ
  • STEP 1
    WinActorを知る
    御社にお伺いし、製品仕様、操作感、導入手順のご説明を行います。
  • STEP 2
    検討
    対象とする業務の洗い出しを行い、御社にあった提案をいたします。
  • STEP 3
    評価
    テスト稼働を行い、動作のご確認いただきます。
  • STEP 4
    導入
    ライセンスの導入スタート!
WinActor お問合せ